:: Haco :: Nova Naturo

About Nova Naturoー ノヴァ・ナチュロについて

Commentariesー コメント
Videosー ビデオ
Reviews/Interviewsー レビュー/インタビュー

Creditsー クレジット

Broadcastingー 放送
Launchー レコ発ライブ

 

© Haco 20121. All rights reserved.

Artwork © Eiichi Tosaki 2021.

Top <<

CD + DIGITAL ALBUM out on Someone Good / Room40 (AU)

2021/06/18        Order

  CD + デジタルアルバム 豪州 Someone Good / Room40 より 2021年6月18日発売

CD国内配給 (Distribution in Japan): Inpartmaint Inc. (JP)      販売中

HACO

NOVA NATURO

1— Frozen in Time

2— Spinning Lantern

3— Pendulum Feelings

4— Teardrops of Aurora

5— Lost and Found (Excursion 2)

6— A Mind Resort (Shiokaze Ver.)

7— Luna Nokto

8— New Nature

9— Myths and Facts

1— フローズン・イン・タイム - 時をとめて

2— スピニング・ランタン ‒ 走馬灯のように

3— ペンジュルム・フィーリングス ‒ 揺れてる気持ち

4— ティアドロップス・オブ・オーロラ ‒ オーロラの涙

5— ロスト・アンド・ファウンド (エクスカーション2) - 忘れ物預かり所

6— ア・マインド・リゾート (シオカゼ・バージョン) ‒ 心のリゾート

7— ルナ・ノクト ‒ 月夜

8— ニュー・ネイチャー ‒ 新自然

9— ミース・アンド・ファクツ ‒ 神話と事実

On Nova Naturo, Japan’s Haco expands her already divergent song craft into a zone that meshes field recording, electronics and layers of floating voice into an imagined sound environment that encourages a sense of a deepened interior terrain. Haco’s work in groups including the now legendary After Dinner and Hoahio have earned her a unique and respected position in the Japanese music communities, but it is with her solo work that she has unlocked an utterly unique and deeply personal approach to sound.


Drawing inspiration from mythologies surrounding ideas of rebirth, Nova Naturo propagates a sense of ambience, but arrives at this sensation without dwelling in the aesthetics of ambient music. Rather, Haco combines unexpected elements, and uses these combinations to refocus our ears and invites us to listen closely, but with a sense of relaxation. This record is not a labour and instead suggests a kind of release from labour, an opening out into place, into the human experience of exploration and the rewards that come to those present in the moment.


Haco works alongside the French improvised guitarist Manuel Adnot, the drummer & pianist Tetsuji Matsuo, and the double bassist Makoto Inada, who are based in Kobe. Also on this record is Stabilo (Speaker Gain Teardrop) from the Hiroshima ambient scene, and Tarnovski (Gurun Gurun), a key figure in Czech experimental-electro music, who were previously involved in her album, ‘Qoosui’. There is also a collaborative track with the electronic music maestro Keiichi Sugimoto (Vegpher).


These partnerships resolve wholly into this recording, bringing new timbres and threads to an edition that is entirely of Haco’s making. This is a music of immense beauty, but it is a beauty that is complex and at times unfamiliar. It’s in these uncertain moments that Nova Naturo finds its most compelling and fulfilling resolutions. 


About Haco

Haco has received recognition internationally as the founder, singer, lyricist and composer of the legendary avant-pop group, After Dinner, one of the first Japanese indie bands to tour abroad and to receive the unani-mous praise of music publications such as NME and Melody Maker in the 1980s. Since 1987, she has been in-vited to appear in numerous experimental music and art festivals in Europe, North America, Australia, and New Zealand, and has toured internationally almost every year. Haco is also a female visionary producer who has made field recording environmental sounds from daily life and used them as materials in her composing, pro-gramming, and mixing.


(Someone Good)

HACOは、深淵な内的領域へと導くような、心に描いた音風景ーフィールドレコーディングやエレクトロニクスや幾層にも重ねたヴォイスで編みだされた曲作りを展開している。本作「NOVA NATURO (ノヴァ・ナチュロ)」では、さらにその世界感が拡がっている。彼女の作品群は、伝説的アヴァンポップ・バンドAfter DinnerHoahioなどの活動を通じて、比類なきレスペクトを獲得しているが、ソロ作品として音に対する深くユニークかつパーソナルなアプローチが、ここでは解き放たれている。


新生 (rebirth) にまつわる神話などのインスピレーションから描かれているNOVA NATUROは、アンビエント・ミュージック美学の枠におさまらないところに帰着している、にもかかわらずアンビエンス感は増殖している。むしろHACOは、意外性のある要素を結合させ、これらの組み合わせで私たちの耳を開かせ、リラクゼーション感覚をもって、耳をそばだたせるように誘っている。このレコードは努力ではなく、ある種努力からの解放のすすめ。心の成長、人生の探究の経験やこの瞬間に存在していることへのご褒美。


参加アーティストは、フランスの即興ギタリストManuel Adnotや、関西在住のドラマー&ピアニスト松尾哲治やコントラバス奏者の稲田誠。また前作「Qoosui」で組んだ、広島のアンビエント作家stabilo (speaker gain teardrop) とチェコのエクスペリメンタル界の雄Tarnovski (Gurun Gurun) に加え、エレクトロミュージック界の第一線で活躍する杉本佳一 (Vegpher) 。


これらのパートナーシップは新たな音色を生みだし、HACOの創り出すひとつながりのアルバム作品に見事な輝きを与えている。これは計り知れないほど優美な音楽、だがそこには複合的で耳馴染みのない美音が織り込まれている。NOVA NATUROが見いだす、とりわけ惹きこませる至福の域は、この揺らめく瞬間瞬間のなかにある。


<HACOについて>

80年代初頭より海外進出し、イギリスのNME誌やメロディーメーカー誌に絶賛された伝説的アヴァンポップグループAfter Dinner (1981-1991)の創始者、歌姫/作詞作曲家として世界的に誉れ高い。87年より海外の革新的な音楽/アートフェスティバルから招聘をうけ、ヨーロッパ、北米、オーストラリア、ニュージーランドを含め、毎年のように公演ツアーを行う。元祖音響系女子ともいわれ、身の周りの環境音を録音して素材にし、プログラミングやミックスまで自ら手がける女性プロデューサーの草分け的存在。


(Someone Good)

Contact for distribution (World except Japan)