:: Haco :: bio

 

A composer, vocalist, electroacoustic performer, sound artist, and a founding member of After Dinner (1981-1991) and Hoahio. Haco has created numerous recordings both as producer and sound designer. As a musician, she has given performances throughout Japan and the world. With her unique sensibility, Haco has developed a practice based on principles of post-punk, electroacoustics, the avant-garde, improvisation, post-rock, environmental sound, and technology. In 2005, her CD "Stereo Bugscope 00" was awarded a prize in the digital music category at Prix Ars Electronica in Austria.


  1. BIOGRAPHY 

  EN  |  JP

ABOUT HACO

作曲家、ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。神戸のスタジオ・メスカリーナを拠点にプロデューサー、エンジニアとしても活動中。

After Dinner (1981-1991)、Hoahioの創設者。ソロや複数の主宰プロジェクトでのCD制作、コラボレーション、国際フェスティバル出演など数え切れない。ポストパンク、電子音響、アヴァンギャルド、即興、ポストロック、環境、テクノロジーを背景に、鋭い感性で活動範囲を広げている。長年にわたって歌姫とも称される。近年、サウンドアートの文脈でライヴ・インスタレーション、レクチャー、ワークショップも精力的におこなっている。2005年には作品「Stereo Bugscope 00」がオーストリアのアルス・エレクトロニカで入賞。またコンテンポラリー・ダンスの音楽製作、サウンドデザインも多く手がけている。

Top <<

© Haco 2017. All rights reserved.

“A founding member of the legendary band After Dinner, Haco is one of the most versatile vocalists in  the Japanese indies scene.” (John Zorn)


"Haco is capable of gallons of tenderness and melancholy." (Kurt Gottschalk)

"Who is Haco? Perhaps she is the joy of running down the passage beyond overtones and returning on the waves.” (Ytamo)


"References to Kate Bush circa Hounds of Love and The Sensual World, Bittová, and Japanese pop all are in order, yet the album establishes its own identity made of fragile moments and powerful, surreal episodes." (François Couture, AllMusic)


"Haco has a soft, airy voice and her lyrics (sung in both English and Japanese) are inflected with an intelligent sense of whimsy as she sings of the dreamier aspects of modern life." (Brian Olewnick)


"Listening to After Dinner is like submerging yourself in water and going to sleep while playing Kate Bush on one CD player and traditional Japanese music on another." (Julian Cope presents Head Heritage)


伝説的なバンドAfter Dinnerの創設者、Hacoは日本のインディーズ・シーンの中で最も多才なヴォーカリストの一人。 (John Zorn)


Hacoには相当な優しさとメランコリーを持ち合わせた器がある。 (Kurt Gottschalk)

Haco とは 一体 誰だろう

倍音の彼方から廊下を走って 

波間に還る喜びだろうか (Ytamo)


そのアルバムは、壊れやすい瞬間、また力強くシュールな逸話で構成され独自のアイデンティティを確立しているが、参照するとすればケイト・ブッシュのHounds of Loveとかhe Sensual Worldから、イヴァ・ビトヴァ、J-ポップまですべて。 (François Couture, AllMusic)


Hacoは柔らかい空気のような声をしていて、彼女の歌詞 (英語と日本語の両方で歌われた) は、モダンライフの夢見がちな側面が奇抜な知的センスからひねり出されている。(Brian Olewnick)


アフター・ディナーの音楽を聴くのは、あたかも自身が水のなかに沈みながら、ケイト・ブッシュをひとつのCDプレイヤー、日本の伝統音楽をもうひとつのCDプレイヤーでかけながら眠りにつくようなもの。 (Julian Cope presents Head Heritage)

home    schedule    blog    bio    disco    video    soundart    news    shops    goods